ノキアがアップル提訴という記事より。

携帯電話機最大手のノキア(本社フィンランド)は22日、米電子機器大手アップルの携帯電話「iPhone(アイフォーン)」が無線通信方式などに関するノキアの特許を侵害しているとして、アップルを米デラウェア州連邦地方裁判所に提訴したと発表した。

フィンランドの携帯電話大手NokiaがAppleを特許侵害で訴えたということなのですが、どういう内容なのでしょうか。

訴訟対象は、GSMと呼ばれる携帯電話の無線通信方式のほか、GSMを発展させた次世代通信システムや無線LANの部品の製造技術に関連する10の特許。

NokiaはiPhone発売以来、全機種がこれらの特許を侵害していると主張しているのだそうです。でもこれってAppleだけじゃないような?

ノキアは「世界標準となる技術を開発した企業に対し、ほかの企業は補償する必要がある。これまでに約40社とライセンス契約を結んだ。アップルはノキアの発明にただ乗りしようとしている」と非難している。

あー、なるほど。ライセンス契約をしろ、ということなのですね。Nokiaでは「特許の研究開発に400億ユーロ(約5兆5000億円)を投資した」としています。

果たしてどんな落としどころになるのでしょうか。

■関連記事

iPhoneが特許侵害?ノキアがアップル提訴

携帯電話機最大手のノキア(本社フィンランド)は22日、米電子機器大手アップルの携帯電話「iPhone(アイフォーン)」が無線通信方式などに関するノキアの特許を侵害しているとして、アップルを米デラウェア州連邦地方裁判所に提訴したと発表した。

ノキアがアップル提訴「アイフォーンが特許侵害」

訴訟対象は、GSMと呼ばれる携帯電話の無線通信方式のほか、GSMを発展させた次世代通信システムや無線LANの部品の製造技術に関連する10の特許。