外食チェーンのサイゼリヤが初の赤字という記事より。

外食チェーンのサイゼリヤが13日発表した2009年8月期連結決算は、純損益が前期の40億円の黒字から48億円の赤字に転落した。通期で赤字に陥ったのは初めて。

サイゼリヤが初の赤字に転落したということがニュースになっています。

浦和駅前にできたサイゼリヤもいつもにぎわっているのになぜ? と思ったら、為替のデリバティブで赤字が出たらしいです。

円高が進み、為替のデリバティブ(金融派生商品)取引の解約で約153億円の損失が生じた。

本業の利益を食いつぶしてしまったのですね。レストラン事業は売上高883億円、営業利益も22.2%増とどちらも過去最高を記録しています。

10年8月期は、売上高が5・3%増の930億円、純損益は49億円の黒字を見込んでいる。

まだまだ伸びます、と。店舗のない四国や九州といった地域にも「テスト出店していきたい」と社長がコメントしています。

売れる会社のすごい仕組み~明日から使えるマーケティング戦略 (単行本(ソフトカバー))

4413037146

■関連記事

サイゼリヤ、黒字から48億円の赤字に転落

堀埜一成社長は、店舗のない北東北、四国、九州などに「テスト出店していきたい」と語り、出店地域の拡大に意欲を示した。

サイゼリヤが初の赤字…為替関連取引で損失

本業のレストラン事業は好調で、売上高は前期比4・0%増の883億円。本業のもうけを示す営業利益も22・2%増といずれも過去最高だった。