吉本興業が自社株TOB検討、資金難航もという記事より。

東京、大阪両証券取引所の第1部に上場している吉本興業が、民放各社の参加するファンドによる同社株式の公開買い付け(TOB)を検討していることが、28日分かった。発行済みの全株式を取得し、非上場化を目指す。

吉本興業が非上場化を目指して、民放各社と広告代理店などによる共同ファンドにより資金調達して、TOB(株式の公開買い付け)を検討しているそうです。

非上場化を目指す理由ですが、次のように。

吉本興業は、お笑い中心にタレントのマネジメントなどを手掛けてきたが、インターネット関連事業や映画製作、スポーツ分野への進出など、事業領域を急速に拡大させている。非上場化で経営の自由度を高め、新規事業への投資などを実施しやすくする狙いがある。

さらにTOBで全株取得することで、確執のある創業家との関係も清算できる、と。むしろこちらがメインの理由なのでは、という気もしないでもないですが。

ただし、500億円とも言われる資金調達は難航しているようです。

吉本興業ネタとしては、ワッハ移転に抗議!吉本興業 大阪府に抗議文というのがありました。

「府の意向に沿って仕様を決定した特殊な施設。恒久的に入居することが前提だった」と指摘し、移転で発生する損害の補償は今後協議するとしている。

橋下府知事は「吉本さんはお金にがめつい」と反論しています。

さらに吉本興業はこの発言に対して「設立当時の経緯を理解なさっていない発言で、非常に残念」とコメント。

吉本興業の正体 (単行本)

4794215835

笑いの経済学―吉本興業・感動産業への道 (集英社新書) (新書)

4087200124

■関連記事

吉本興業がTOB検討

ただ今回の計画について、吉本幹部は「ネットの隆盛でメディアは変革期にあり、新たな事業に挑戦する上で経営の自由度は重要だ」と評価する一方、「資金確保が難しいほか、実行すれば社内外に混乱を招く」と慎重な姿勢も崩していない。

吉本興業が自社買収検討…総額は500億円規模

関係者によると、TOBで全株取得することで、吉本は確執が表面化している創業家との関係についても清算し、企業のイメージ向上を図る意向もありそうだ。

吉本がワッハ上方移転で抗議文を発表

これに対し橋下徹知事は28日、府庁で記者団に「府民をばかにした抗議で、吉本さんはあまりにもお金にがめついのでは」と反論。「公金を入れるかどうかは府民の代表である僕の判断が入ってくる。(抗議は)府民に『自分たちの賃料だけはくれ』と言っているということだ」と批判した。

吉本が“橋下発言”に反論「経緯を理解してない」

ことの発端は、ワッハ上方の現在の入居ビルを所有する吉本が27日に「移転計画に正式な説明がなかった」とする抗議文を発表したこと。これに対し翌28日に橋下知事は「府民をばかにした抗議で、吉本さんはあまりにもお金にがめついのでは」と反論した。