広告収入の大幅減…朝日新聞が初の赤字転落という記事より。

朝日新聞社が22日発表した2009年3月期連結決算は、景気後退による大幅な広告収入の落ち込みが響き、純損益が前期の46億円の黒字から139億円の赤字に転落した。

純損益が前期の46億円の黒字から139億円の赤字に転落って、すごい数字ですね‥‥。

経常損益も、222億円の黒字から3億円の赤字ということで、連結決算の公表を2000年に始めて以来の純損失と経常損失の計上だそうです。

売上高は6・2%減の5372億円で4年連続の減収だった。

「景気後退による大幅な広告収入の落ち込み」ということですが今後、新聞の広告が大きく回復するというのは見込めないような気がするので、転換点ということなのでしょうね。

新聞は生き残れるか (岩波新書) (新書)

400430833X