吉本興業5年ぶりの減収という記事より。

吉本興業が15日に発表した2009年3月期連結決算は、不動産部門の減収が響き、売上高が前期比2・5%減の488億円と、04年3月期以来5年ぶりの減収となった。

吉本興業の決算発表が行なわれ、2009年3月期連結決算は、不動産部門の減収により5年ぶりの減収になったそうです。純利益も80.1%減で、3年連続の減益となっています。

テレビ番組の制作や所属タレントの活躍など、主力の制作部門の売上高はほぼ横ばいだったが、不動産の賃貸収入が大幅に縮小した。

本業の制作部門は横ばいということです。

「今後も制作予算が縮小する見通しだが、インターネットなど新たなメディア向けに力を入れたい」というコメントが紹介されていますが、そうか、テレビ関係も今後も縮小傾向なんですよね。

吉本興業の正体 (単行本)

4794215835

100年に1度の大不況は吉本興業のケチケチ商法で乗り切れ! (単行本)

4871772950