フジがセシールを買収へ 通販事業を強化という記事より。

フジ・メディア・ホールディングスは14日、傘下のフジ・メディア・サービスが通信販売大手セシールの買収を目指し株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。

本業の放送事業がヤバくなっていることから、フジ・メディア・ホールディングス傘下のフジ・メディア・サービスが、通信販売のセシールをTOBで買収することを発表しています。

やはり傘下に通信販売のディノスを持ち、セシール買収後はディノスと合併してディノール‥‥になるかどうかは分かりませんが、とにかく合併する予定だそうです。

セシール経営陣と議決権ベースで約56%を保有する大株主のLDH(旧ライブドア)グループが賛同しており、TOBは成立する見通し。

ライブドアからフジテレビへ‥‥あれ? ライブドアとフジテレビ?

そうこうしている内にセシールが障害者割引不正DM35万通なんていうニュースも。

同社は06年7月に、兵庫県内の広告代理店から障害者団体向けの低料第3種郵便物制度の利用を提案され、同年11月から07年5月まで、大阪府の障害者団体名の定期会誌にセシール社のDMを同封。3回にわたり計35万通を顧客に発送した。

広告代理店からは「認可を受けており法的に問題ない」と説明されていたということですが。

ディノスが生活雑貨やインテリア、そしてセシールが衣料品ということで、相乗効果が見込めるのでしょうね。

■関連記事

フジがセシール買収、ディノスと合併へ

セシールは1974年設立で、衣料品のカタログ販売大手。業績が低迷し、2005年に旧ライブドアグループに入り、経営再建を進めてきたが、08年12月期決算の純損益も2年連続の赤字だった。