犬のお父さんもビックリ!ヤフー、謎の大株主の正体という記事より。

ソフトバンクが筆頭株主の国内ポータルサイト大手、ヤフーに謎の大株主が登場し、話題になっている。持ち株比率はじわじわと上昇し、10%近くに迫る勢いだ。その背景を探ると、親会社であるソフトバンクの苦しい台所事情が浮かび上がってくる。

ヤフーに「一般社団法人スレンダー」という持ち株比率9.7%の大株主が登場し、誰なんだ? というお話の記事になっております。

「一般社団法人スレンダー」は2005年3月に設立され、事業内容は有価証券の貸借・取得などとなっているそうです。

そのスレンダーが最初にヤフー株の大量保有報告書を提出したのは昨年12月下旬。その後、徐々に持ち株比率は増え、3月下旬には9.7%(575万株)に達した。

実はこの「一般社団法人スレンダー」は三井住友銀行傘下の特別目的会社で、ソフトバンクから一時的に株を借り受けるための受け皿なのだそうです。

では、なぜそんなことをしているか?

つまり、実質的にこの取引は、ソフトバンクが“虎の子”のヤフー株を担保に資金を借り入れているのに等しい。直近でその額は1000億円に上る。

ソフトバンクがヤフー株を担保にお金を借りている、と。現在の有利子負債は2兆7,514億円だそうです。

危ないと言われながら生き長らえているソフトバンクなのですが「iPhone」ユーザとしては、早く安心させて欲しいですね‥‥。