スタバも大リストラ、世界で300店閉鎖という記事より。

コーヒーチェーン大手のスターバックスは28日、新たに世界で300店を閉鎖し、約6000人を削減すると発表した。これらの店舗以外でも約700人を減らすという。

「スターバックス」の世界的なリストラが発表されています。300店舗、約6,000人が削減されるということです。

「スターバックス」のリストラといえば、2008年7月に「スターバックス」600店を閉鎖というエントリーを書いていました。この時はアメリカで600店舗・12,000人のリストラが行われていました。

よって、ここ1年で世界中で900店舗、18,000人のリストラということになります。

以前に調べた時にはアメリカだけで11,000店舗以上ということで、そう考えると店舗数では一部なのですが、ニュースとしてのインパクトは大きいですね。

なお、気になる日本への影響ですが「日本国内の店舗、人員への影響はない」ということです。

マジマネSPECIAL スターバックスに学べ (マジマネSPECIAL)

マジマネSPECIAL スターバックスに学べ (マジマネSPECIAL)

■関連記事

スタバ6000人、ボーイングは1万人削減へ

スターバックスが28日発表した2008年10-12月期決算は、純利益が69・1%減の6430万ドル(約58億円)、売上高は5・5%減の26億1520万ドル。