今年の社長1位にユニクロの柳井氏という記事より。

経営者が選んだナンバーワン社長は、ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長(59)-。産業能率大が17日、企業経営者に対するアンケートを発表、経営手腕が優れている「今年の社長」に柳井氏が選出された。

産能大が実施した経営者へのアンケート調査で「今年の社長」に、ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長が選ばれたそうです。

「ユニクロ」は90年代後半に「フリース」ブームで業績を伸ばし、01年に英国進出。積極経営を展開したが02年以降、業績不振に陥った。だがその後も「ヒート-」や水着など、さまざまな新商品開発を続けてきた。

フリースでブームになった後に失速したのですが、その後に復活したのはすごいですよね。「ヒートテック」とか。

08年8月期の連結決算は、売上高約5864億円(前期比プラス11・7%)で経常利益約856億円(同プラス32・7%)と大幅な増収増益を記録した。

ユニクロは不況知らずということで。とうか世間が不況なので、衣料に関してはユニクロに注目が集まっているということなのでしょうか。

アンケートは365人が回答し、その内の23%にあたる84人から、ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長が支持を集めたということです。

UNIQLOCK」もそうでしたし、それに続く「UNIQLO MARCH」「UNIQLO MEETS CORTEO」などウェブのキャンペーンもユニークな展開をしているユニクロです。

洗濯機で洗えるセーターを東レと共同開発した、なんていうニュースもありました。楽しみな製品です。

なぜユニクロだけが売れるのか―世界を制するプロモーション戦略と店舗オペレーション

なぜユニクロだけが売れるのか―世界を制するプロモーション戦略と店舗オペレーション

ほぼ日ブックス#001 個人的なユニクロ主義 (ほぼ日ブックス)

ほぼ日ブックス#001 個人的なユニクロ主義 (ほぼ日ブックス)