すかいらーく廃止しガストなどに業態転換という記事より。

外食レストランチェーンのすかいらーくがファミリーレストランの先駆けとなった「すかいらーく」ブランドの店舗を廃止し、低価格メニューで人気の「ガスト」など、ほかのブランド名の店舗に業態転換する方向で調整していることが22日、分かった。

経営の立て直しを進めている「すかいらーく」が「すかいらーく」ブランドを廃止し「ガスト」や「ジョナサン」などに業態転換していく方向で調整していることが明らかになりました。

「すかいらーく」といえばファミリーレストランの先駆けのような存在ですが、ついにそのブランドが姿を消すようです。ザ・ファミレスというイメージで、確かにファミレス離れが進む昨今には厳しかったのかもしれません。

「ココス」はドラえもんがいて子供向けメニューが充実しているとか「ガスト」だと低価格路線だとか、そういう特徴が「すかいらーく」には感じられませんでした。

「すかいらーく」は最盛期には約700店あったものの、現在では154店ということです。

■関連エントリー

すらいらーくがMBOへ
「すかいらーく」200店舗以上を閉鎖へ