山崎製パン、不二家の子会社化を発表という記事より。

製パン最大手の山崎製パンは7日、経営再建中の不二家に追加出資し、株式保有比率を35%から51%に引き上げて子会社化すると正式に発表した。今月27日に不二家が78億円の第3者割当増資を実施し、山崎製パンが引き受ける。

山崎製パンが、経営再建中の不二家に追加出資し、子会社化することを発表しています。第三者割当増資を78億円引き受け、株式保有比率が35%から51%となります。

不二家は昨年、消費期限切れ牛乳の使用問題の影響で経営危機に陥り、その後も原材料高や消費不振で経営が低迷。

山崎製パンは生産や物流、商品開発などで一体化を進めて、経営の効率化を図って行くということです。

「しっかりした食品衛生管理体制の上に、効率的な経営を構築するよう不二家の改革を進めたい」と山崎製パン社長。

原材料の高騰なども続いているでしょうから、状況的には楽観視できないところなのでしょうね。不二家は2008年9月の中間連結決算が41億円の赤字となっています。

照れくさいけどありがとう

照れくさいけどありがとう

■関連記事

山崎製パン、不二家を子会社化…抜本的なてこ入れ

不二家は2007年1月、消費期限切れの牛乳の使用が発覚。商品の製造・販売休止に追い込まれたことで業績が急速に悪化し、同年4月に山崎製パンからの出資を受け入れた。