パナソニック、三洋電機買収へという記事より。

パナソニックが三洋電機の買収に向け、優先株を保有する米大手ゴールドマン・サックスなど金融3社と協議入りすることが1日、分かった。年内の基本合意を目指す。実現すれば、大手電機メーカー同士による国内初の本格的な再編となり、単純合算で年間売上高が11兆円を超える最大の電機メーカーが誕生する。

社名変更したばかりのパナソニックが、なんと三洋電機の買収に動きましたよ。実現すれば売上規模11兆円の国内最大の電機メーカーとなります。

これって、リアル島耕作じゃないですか!

島耕作でも同じように、松下がモデルとなっている初芝が、三洋がモデルとなっている五洋を買収しているのです。現実がマンガを追いかけているというのも凄い話です。

三洋の大株主3社の優先株は普通株に換算して発行済み株式のおよそ7割(議決権ベース)に当たる。パナソニックはこの大部分を取得し、三洋をグループ傘下に置くとみられる。

三洋買収の目論みは、

・リチウムイオン電池
・太陽電池

ということで、パナソニックとの相乗効果も期待できそうです。

三洋創業者の故井植歳男氏は、旧松下の創業者である故松下幸之助氏と親せき関係。松下から独立して三洋を興しており、両社は歴史的なつながりがある。

松下から独立、そして再び松下に戻る、ということなのですね。

三洋といったら、ぼくにとってはエネループとか「Xacti」ですね。他にも空気清浄機も持っています。けっこう好きなメーカーですよ。

■関連記事

パナソニック、三洋買収へ

三洋は06年3月、ゴールドマン、大和証券SMBC、三井住友銀行に計約3000億円の優先株を発行した。3社は来年3月には三洋の同意なしに株を手放すことが可能になるため、売却先を模索。

パナソニック、三洋を買収へ…日立抜き業界トップに

三洋の業績は回復基調にあり、08年3月期には赤字から脱却し、287億円の連結最終黒字を計上。09年3月期も350億円の黒字を見込む。

業界再編の第一歩か パナソニック、三洋買収へ

09年3月期の業績予想を基にパナソニックと三洋の連結売上高を単純合計すると、11兆2200億円に上り、電機業界トップの日立製作所(10兆9000億円)を上回る。