九十九電機、民事再生法の適用へ--負債額は約110億円という記事より。

東京秋葉原の大手パソコンショップ九十九電機は10月30日、東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。負債額は約110億円とのこと。

秋葉原の老舗パソコンショップ「九十九電機」が、東京地裁へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。負債総額は約110億円とのこと。

「1978年には秋葉原初のパソコン・通信機の専門店」をオープンさせたということで知られていたのですね。老舗と思ったら、秋葉原初のパソコン専門店でした。

2007年8月期の年間売上高は約319億9100万円。しかし2008年8月期の決算が期待ほど伸びず、業績を悪化させたという。

この1年で何が‥‥ネットブックの影響とか? どうなんでしょうか。

九十九電機が民事再生申し立てによれば、

だが支払いサイトの短期化や競争激化による利益率の低下で資金繰りが悪化。キャッシュ不足が指摘される中、08年8月期も期待ほど収益が伸びず、シンジケートローンの一部償還もあって資金繰りがひっ迫。

ということで、いろいろと重なってしまって、資金繰りがうまくいかなくなってしまったようです。

「九十九電機」はアフィリエイトもやってまして、けっこうコマメに案内のメールなども届いていたのですけどね。

オンラインショップにも、まだ特に案内は出ていませんでした。

2008-10-30_1506.png

追記:

「九十九電機」から、アフィリエイトに関する「緊急停止」のお知らせが届きました。

10月30日付で、東京地方裁判所に民事再生手続き開始の申し立てを行った関係上、TGアフィリエイト規約 第13条 第2項に基づき、本日プロモーションを緊急停止させて頂きます。