すし店展開びっくり本舗が民事再生法申請という記事より。

すし店「江戸前びっくり寿司」などを展開するびっくり本舗(東京)が、東京地裁に民事再生法の適用を申請、保全命令を受けていたことが27日、分かった。

「江戸前びっくり寿司」などを展開している「びっくり本舗」が、民事再生法の適用を申請していたことが明らかになりました。負債総額は約50億円とのことです。

びっくり本舗は27日までに、同社の主要事業について、名証セントレックス上場で飲食店運営支援を手掛けるTRNコーポレーションの子会社に譲渡することで基本合意している。

川口店の前を通りかかったときに営業していなくて、どうしたのかと思ったら、やはりうまくいっていなかったのですね。

積極的な企業のM&Aや新規出店が裏目に出て、資金繰りが悪化していたということです。