米ヤフー64%減益と苦戦…グーグルと明暗という記事より。

米インターネット検索大手のヤフーが21日発表した2008年7-9月期決算は米景気の減速で苦戦、売上高は17億8642万6000ドル(約1786億円)と前年同期比で約1%増の微増収にとどまる一方、コストの増加で純利益は約64%減の5434万8000ドルに大きく落ち込んだ。

アメリカのYahoo! が、アメリカの景気後退を受けて売上高が1%増に留まり、さらにコスト増加により純利益が約64%も減少し5,434万8,000ドルに落ち込んでいます。

ライバルとなるGoogleは、売上高約31%増、純利益約26%増の増収増益を発表したばかりでして、大きく明暗を分けています。

いずれも2008年7月から9月期の決算です。

ヤフーはソフトウエアの開発費などが膨らんだ。またマイクロソフトによる買収申し入れで、コンサルタント費用など約3700万ドルを支払ったことも負担となった。

Microsoftから仕掛けられた買収話も、大きく影響しているのですね。今回の発表から早速、10%の人員削減を発表しているYahoo! です。

■関連記事

米ヤフーは64%減益…グーグルと明暗

ヤフーは、大幅増収を期待できるグーグルからの検索広告の提供を柱とした提携の実現が遅れていることについて「独禁当局の審査を受けている最中だ」と説明した。