富士通ハードディスク事業売却へという記事より。

富士通が、パソコンなどの記憶装置として使われるハードディスク事業の売却交渉を進めていることが2日分かった。売却先として同市場で世界2位の米ウエスタンデジタルが浮上している。

富士通がハードディスク事業を、ハードディスク市場で世界2位のウエスタンデジタルに売却する方向で交渉を進めていることが明らかになりました。

製品価格の下落で不振が続いているのが理由ということです。

富士通のハードディスク事業は2008年3月期の連結売上高が3327億円。長野工場(長野市)や子会社の山形富士通(山形県東根市)のほか、フィリピンなどに生産拠点がある。

世界1位のシーゲイトは高収益を上げているものの、小規模な日本勢は苦戦していると報じられていますね。