すかいらーく200以上の店舗閉鎖へという記事より。

ファミリーレストラン大手のすかいらーくは24日、全国約4000店舗のうち、業績不振の中華の「バーミヤン」や和食の「夢庵」を中心に、2011年12月末までに200以上の店舗を閉鎖することを柱とした再建計画をまとめ、みずほ銀行など取引銀行に示した。

「すかいらーく」が全国4,000店舗のうち、業績不振の「バーミヤン」「夢庵」を中心に2011年末までに200店舗以上を閉鎖する再建計画を立てています。

さらに不採算100店舗以上も「ガスト」などに転換するとのこと。資金調達のために「小僧寿し」などの子会社も売却の意向です。

ただ、消費者の「外食離れ」が続く中、既存店の売り上げ減少が深刻で、再建計画をめぐる銀行側との調整は難航する可能性もある。

確かに、ファミレスは行かないですもんね。

どちらかというと郊外型のショッピングモールに併設されている飲食店や、子供メニューが増えている居酒屋に行く人も多いのでは。

大体のメニューが揃っているというファミレスよりも、やや専門店化しているお店の方が行きたくなるかな、と。個人的には。

「デニーズ」も、2008年4月に不採算店舗を130店舗閉鎖することを発表していました。

■関連記事

200店舗以上を閉鎖へ…すかいらーく再建計画

財務基盤強化のため400億円規模の増資を実施。大株主の投資会社「野村プリンシパル・ファイナンス」を通じて、取引先の企業や銀行に引き受けを要請する方針だ。