サニーサイドアップ、大証ヘラクレス上場という記事より。

北京五輪競泳で2大会連続2冠を達成した北島康介選手(25)や、サッカー元日本代表MFの中田英寿氏(31)らのマネジメントなどを手掛けているPR会社、サニーサイドアップ(東京)が5日、大証ヘラクレスに上場した。

「サニーサイドアップ」ヘラクレス上場へということで、旅人の中田英寿や競泳の北島康介らのマネジメントを手がける「サニーサイドアップ」が上場することはお伝えしまして、いったい株価がいくらになるかが注目されていたのですが、なんと初日はストップ高だったそうです。

北島の金メダル効果で関心を集め、初値こそ発行価格を40円下回る2760円にとどまったが、結局ストップ高の3160円買い気配のままこの日の取引を終えた。

北島康介は「サニーサイドアップ」の株主というエントリーも書きましたが、マネジメントを受けているアスリートたちにも新株予約権が割り当てられています。

今日の終値を見ると3,660円ということで、さらに値上がりしているぞなもし! 期待感が高いのですね。

中田氏は5万2000株を保有する第3位(6.91%)の大株主で、1株3160円で計算すると時価総額は1億6432万円となる。

さらに増えてますよ。まだまだ旅の途中、ですね。

NAKATAビジネス (FOOTBALL Nippon Books)

NAKATAビジネス (FOOTBALL Nippon Books)

サニーサイドアップの仕事術

サニーサイドアップの仕事術

■関連記事

北島「金」効果!サニーサイドアップが初日ストップ高

島選手の北京五輪での大活躍もあって、上場前から個人投資家中心に関心が集中。「さえない相場の中、話題先行で買われた」(中堅証券)という。

サニーサイドアップ何も言えねぇストップ高

「サニーサイドアップ」の次原悦子社長は大引け後の会見で「北島康介選手が結果を残してくれたことをきっかけに、いろいろな話題をつくってくれた」と金メダリストに感謝。