2冠の北島に予期せぬボーナス…出資のPR会社が上場という記事より。

北京五輪で2大会連続の2冠を達成した競泳の北島康介選手(25)に予期せぬボーナス-。証券界は今、この話題で盛り上がっている。北島選手らが出資するPR会社、サニーサイドアップ(本社・東京都渋谷区、次原悦子社長)が9月5日、大証ヘラクレスに上場。2冠を祝してご祝儀相場になるのではないかとみられているためだ。

「サニーサイドアップ」がヘラクレスに上場するというニュースも記憶に新しいところですが、所属しているスポーツ選手には新株予約権が割り当てられ、様々なアスリートが株主となるそうです。

その中に北島康介の名前が。

北島、為末両選手は100万円で新株予約権の割り当てを受け、株式の時価総額は224万円。大黒さんらは50万円で割り当てを受け112万円。ボーナスとしては悪くない額だ。

為末大、前園真聖、大黒摩季らも株主です。

中田英寿は以前からの大株主で、6.91%を保有しており、想定発行価格をベースにすると時価総額は1億4,560万円にもなるそうです。

サニーサイドアップは北島選手の北京五輪での活躍を当て込み、大証ヘラクレスに上場を申請。その北島選手が金メダル2冠を達成したことで、思惑通りの展開になった。

なるほど、このタイミングでの上場にはそんな期待もあった‥‥のかもしれませんね。

なお、

中田氏と北島選手の2人のマネジメント収入が全売上高(07年6月期は50億8600万円)の16.7%を占めている。

ということで、二人の活躍っぷりがすごいです。二人で約8億5,000万円です。

「北島選手の金メダルの効果で、想定価格をはるかに上回る価格で取引されるようになれば、北島選手らにはそれ以上のキャッシュが転がり込むことになる。これが未公開株を手にすることの醍醐味です」

果たして初値はいくらになるのでしょうか?

「北島康介」プロジェクト2008 (文春文庫 お 33-2)

「北島康介」プロジェクト2008 (文春文庫 お 33-2)