元ヤフー検索事業部長、百度の社長にという記事より。

百度は8月1日、井上俊一氏が代表取締役社長に就任したことを発表した。井上氏の前職はヤフーの検索事業部長だ。

検索エンジン「百度」社長に、元ヤフー検索事業部長の井上俊一氏が就任しています。

社外取締役に元ソニー出井氏が就任したり、コンピュータ系ライターの水野貴明氏が「はてな」を退職して「百度」に転職したり、検索の鉄人の関さんがYahoo! JAPANを退職して転職してたりしているのですが、今度はYahoo! JAPAN検索事業部長の井上さんです。

同氏は10年以上検索サービスに関わってきた。エキサイトでCTOを務めたのち、2004年にヤフーに入社。検索事業部長として、米国Yahoo! Inc.と共同でYahoo! Search Technologyや検索連動型広告を開発したほか、Yahoo!知恵袋などのYahoo! JAPANの検索関連プロダクトの全指揮をとってきた。

ここから新たな仕掛けが始まるのでしょうかね。

■関連エントリー

中国の検索エンジン「百度(Baidu.com)」が日本進出
Googleに勝利した「百度」の歴史
中国産検索エンジン「百度」日本語版スタート
「百度」日本語版が2008年1月23日に本格スタートへ