「白い恋人」赤字12億円という記事より。

北海道の人気菓子「白い恋人」の賞味期限改ざん問題で揺れた石屋製菓(札幌市)は30日までに、純損失12億2000万円を計上した2008年4月期連結決算を株主総会で報告した。

賞味期限改ざん問題で揺れた「白い恋人」の石屋製菓が、12億円の赤字を報告しています。「白い恋人」を発売した1976年以降、初めての赤字だそうです。

同社によると、問題発覚後の昨年8月中旬から約3カ月間休業したことが響き、売上高は前年比36・4%減の59億1000万円。

偽装やら改ざんやら、いろいろなことが発覚しているここしばらくなのですが、もう消費期限を改ざんすることなく「白い恋人」を売り続けて欲しいですね。

北海道旅行で「白い恋人」をお土産に購入してきたのですが、久しぶりに食べたらやっぱり美味しかったですよ。北海道の味だと思います。

■関連記事

石屋製菓が赤字12億…「白い恋人」問題が影響

経常損益は8000万円の赤字だったほか、購入客や小売店からの回収や返品費用、株を保有するサッカーJリーグ1部(J1)のコンサドーレ札幌の運営会社の減資などで特別損失11億6000万円を計上した。