ヤフー、グーグルと提携という記事より。

米インターネット検索大手のヤフーは12日、同業の米グーグルから検索広告の提供を受ける業務提携で合意した、と発表した。

「グーグルが獲得した広告を、米国とカナダのヤフーサイトの一部で表示する」ということですが、要するにAdSenseみたいなものですよね。

Yahoo! では年間で8億ドル(約860億円)の収入増を見込んでいるということです。

Googleのメリットは、Yahoo! を取り込むことで、広告単価のアップが実現できるというところです。

あくまでも提携ですが、Yahoo! がGoogleの広告ネットワークの一部になったというのは、やはりインパクトがありますね。

契約には、

2年以内に買収などでヤフーの経営体制が変わった場合は提携を解消、ヤフーが違約金2億5000万ドルを支払う

という、買収防衛策的項目も盛り込まれているということです。

今回の提携により、Yahoo! はMicrosoftとの提携交渉を打ち切っています。そんなにMicrosoftがイヤだったのか‥‥と思ってしまいました。

■関連記事

MSさんもうあきらめて…ヤフー、グーグルから広告提供

米ネット検索市場で6割を握るグーグルと2割のヤフーの提携は独占禁止法(反トラスト法)上の問題をはらむため、事業開始は当局の調査を経て、3カ月半後を予定している。

ヤフーがグーグルと提携、MSと交渉打ち切り

ただし、ヤフー経営陣の判断に対する株主の不満は根強く、著名投資家のカール・アイカーン氏は7月3日の株主総会で現経営陣の追放を迫る「委任状争奪戦」に乗り出す方針を示している。