MSが米ヤフーに期限通告!敵対的買収もという記事より。

ソフトウエア最大手、米マイクロソフト(MS)は5日、買収を申し入れている米インターネット検索大手ヤフーの経営陣に対し、今後3週間以内に受け入れを決めない場合、敵対的買収に踏み切ると通告する内容の書簡を送付した、と発表した。

少し前に、Microsoft関係者が、当初に提示した446億ドルの引き下げを示唆しているというニュースをお伝えしたのですが、もっと過激にきました。

今後、3週間以内に買収を受け入れない場合は、敵対的買収に踏み切ると、MicrosoftがYahoo! に通告したそうです。

ヤフーが今月26日までに受け入れなければ、取締役会メンバーを入れ替えるため株主の支持獲得に乗り出す考えを示した。

買収を拒否してきたYahoo! ですが、果たしてこれにはどう答えるのでしょうか。

■関連記事

MSがヤフーに最後通告…同意なければ敵対的買収

バルマー氏はそのなかで、ヤフー株を1株あたり31ドル(総額446億ドル、約4兆5500億円)で買収する提案を行った1月31日以来、「両社間で何度か交渉を行ったが、意味のあるものではなかった」と不満を表明している。