ヤマダ電機、独り勝ち鮮明に…売上高は2兆円の大台という記事より。

家電量販店業界の“ガリバー”、ヤマダ電機の独り勝ちがより鮮明になってきた。2009年3月期(連結)の売上高が2兆円の大台に乗り、経常利益も1000億円の大台を突破する見通しとなったのだ。

家電量販店というと、ヤマダにビックにヨドバシにコジマに‥‥など、いろいろな店が思い浮かぶのですが、どうやらヤマダ電機のひとり勝ちの様相を呈しているらしいです。

デオデオや石丸電気などを展開する業界2位、エディオンの連結経常利益は200億円強と見込まれており、ヤマダとの格差はさらに広がることになる。

経常利益1,000億円と200億円では、確かに大きな差がありますね。

浦和にも家電量販店はいろいろあるのですが、やっぱりなんとなくヤマダ電機に行っている気がしますね。