コメダ珈琲を投資ファンドが買収という記事より。

国内投資ファンドのアドバンテッジパートナーズ(東京)が、東海地方を中心に喫茶店チェーン「コメダ珈琲店」を展開するコメダ(名古屋市)を買収することが20日分かった。

「アドバンテッジパートナーズ」という国内の投資ファンドが、東海地方で喫茶チェーン「コメダ珈琲」を展開する「コメダ」を買収するそうです。

「コメダ珈琲」は約300店舗あり、なんと年商は約54億円なのだそうです。

コメダは、「名古屋式モーニング」といわれる、コーヒーなど飲み物を注文するとトーストやゆで卵が付くサービスが人気。

なんとなく「コメダ珈琲」という名前は知っていましたが、実際に行ったことはありません。

「コメダ珈琲」は全国展開をするために「アドバンテッジパートナーズ」に支援を要請したということです。上場も視野に入れています。

コメダ - Wikipediaに詳しく情報がありました。

1968年に個人として「コメダ珈琲店」として名古屋に開店しました。

フランチャイズながら厳密なマニュアルがあるわけではなく、オーナーの裁量となる部分が大きいので、メニューやサービス、経営方針など店舗によって多少違いがあることがある。

このあたりも変わっていくのでしょうか。