株式会社はてな、本社を京都に移転、ものづくりの拠点を結集というプレスリリースが出ていました。

株式会社はてな(代表取締役:近藤淳也/東京都渋谷区)は2008年4月に本社を京都に移転し、主な事業であるインターネットサービス開発のための人員を結集、京都本社をものづくりの拠点とする計画を発表いたします。

近藤社長も「現在の規模の会社で複数の拠点で開発を進めることの難しさなども分かり」、アメリカから京都に戻るそうです。

東京、京都、シリコンバレーの中から、今後の長期的な成長を考えた上で「ものづくりに集中するためには創業の地である京都が最適」であるという判断です。

現在のはてながさらに企業として発展するには、より多くのユーザーに受け入れられる生活の必需品となるようなサービスの開発が不可欠であると考えています。

東京オフィスは営業拠点として残すものの、京都本社に「インターネットサービス開発のための人員を結集」するということなので、多くのスタッフが京都に引っ越すのでしょうね。

最近、はてなを退職するスタッフがポロポロと出てきたのは、京都移転ということもあったのですね、多分。

関連エントリー

ひげぽん「サイボウズ・ラボ」に入社したMona
「百度」日本語版が2008年1月23日に本格スタートへ
川崎裕一氏、はてなに転職