さくらインターネット債務超過の件というエントリーより。

某インターネット系企業の社長さんから、「さくらインターネットが債務超過らしいけど、あれってどーなの?」と聞かれました。

ぼくもチラリと小耳に挟んでいた話題だったので気にはなっていたのですが、情報は追いかけていませんでした。

磯崎さんがおっしゃるように、

さくらインターネットでレンタルサーバーやホスティングをされてる個人や法人の方々も結構いらっしゃるでしょうし、心配されてる方も多いかも知れません

というのはズバリ。もしも自分でホスティングしていたら、いろいろと心配してしまったかもしれません。

ということで、磯崎さんが代わりに資料をチェックしてくれています。

「オンラインゲームさえうまくリストラできれば、1.5億円程度の安定した純利益をあげられる会社かも知れません」という状態であり、

今後の建て直しの巧拙にもよりますが、「サーバをすぐ他に移さないとヤバい」というほどではないのでは、と思います。

だそうです。MBOや他のデータセンターによる買収なども考えられるかも、とも書かれています。もちろん、最終的な判断は自己責任でお願いいたします。

そして「さくらインターネット」の「さくら」というのは、奥さんの名前というのが通説のようですが、調べてみたら「社名の由来は何ですか?」というページがありました。

さくらインターネットという名前は、平成8年12月19日にレンタルサーバサービスを開始した際に用いた「さくらウェブ」というサービス名称にちなんで名づけられたものです。

「さくらウェブ」の「さくら」も日本人であれば誰でも連想できるわかりやすい名称、ということで名付けられたということです。