ヤフーがコンテンツ連動型広告に参入、専業のブレイナーに約5億円出資という記事より。

ヤフーはコンテンツ連動型広告に参入し、市場の大半を押さえるグーグルに対抗する。2007年8月31日にコンテンツ連動型広告を手掛けるブレイナー(東京・渋谷)に出資し子会社化した。

Yahoo! がコンテンツ連動広告を手がける「ブレイナー」に出資し、子会社化したそうです。出資額は4億9,100万円で、出資比率は41.7%となります。

今後は「ブレイナー」などの技術を活用し、個人サイトにもYahoo! が配信するバナーやコンテンツ連動広告を掲載できるようにしていくということです。

既に「オーバーチュア」も子会社化していますから、このあたりがどのように相乗効果を生んでいくかが楽しみです。

現在は「Google AdSense」がほぼ独占しているマーケットですが、選択肢が増えるというのは個人サイトの運営者としては嬉しいですね。

ブレイナーは、コンテンツ連動型広告の技術を独自開発し、2005年10月から提供してきた。ページの内容だけでなく、ページ閲覧者がどんな検索語を入れてそのページを訪れたかも含めて最適な広告を選び出し、表示するのが特徴。

「ブレイナー」が一つ、大人の階段を登りました。おめでとうございます!

■関連エントリー

コンテンツマッチ広告「ブレイナー」
YouTubeの動画に広告を挿入する「ブレイナービデオ」
ブレイナーにきました(ブログジプシー)