映像制作会社TYOが円谷プロを子会社にという記事より。

映像制作会社ティー・ワイ・オー(TYO)は12日、人気キャラクター「ウルトラマン」で知られる円谷プロダクション(東京都、円谷一夫会長兼社長)を、子会社にすると発表した。

映像制作会社TYOが、円谷プロの実質的な親会社である円谷エンタープライズの第三者割当増資を引き受け、円谷プロを子会社化することを発表しています。

1963年来の一族経営に終止符を打つと記事。

TYOは円谷エンタープライズの80%の株式を8000万円で取得。

円谷プロが所有しているコンテンツを考えると、安いですね‥‥。

円谷プロは、制作費の負担増などから有利子負債を抱え、2007年2月期の売上は55億円だったものの、純利益は4,000万円だったということです。

TYOはJR東海やキューピーのCM制作を手がけている会社だそうで、Wikipediaにもティー・ワイ・オー - Wikipediaという項目がありました。

株式会社 ティー・ワイ・オーは、日本における有力コンテンツ制作会社。CM制作2位。社名の由来は「東京」を表す国際航空運送協会(IATA)3レター都市コードから。

大きな会社なのですね。引き続きウルトラマンシリーズの制作は続けられていくということです。

ウルトラマンシリーズ生誕40周年記念 ウルトラマン 主題歌大全集

ウルトラマンシリーズ生誕40周年記念 ウルトラマン 主題歌大全集

■関連記事

ウルトラマン身売り…円谷プロ映像大手TYO傘下に

具体的には、現在、円谷プロ株の約45%を所有する円谷エンタの増資と同時に、円谷一夫会長兼社長が所有する円谷プロ株約22%を円谷エンタに譲渡。

TYOが円谷プロを子会社に

TYOは、JR東海やキユーピーのCM制作を手掛けており、子会社化で人気キャラクターを生かした多角的な経営を進めたいとしている。