Acer、Gatewayを買収へという記事より。

台湾のPCメーカーAcerは8月27日、米PCメーカーGatewayを買収することで合意したと発表した。

白黒の牛柄でお馴染みの「Gateway」が、台湾のPCメーカー「Acer」によって買収されることになったそうです。

買収額は約7億1,000万ドルということで、日本円にすると800億円強といったところでしょうか。2007年12月にも買収完了の見込みだそうです。

Acer幹部らは、Gateway買収によりAcerの米国でのプレゼンスが高まり、米国に強いGatewayは欧州・アジアに強みを持つAcerを補完するとしている。

アメリカ、ヨーロッパ、アジアでの強みを持つように、それぞれが補完できる見込みでの買収だそうです。買収により世界第3位のPCメーカーが誕生します。

AcerのGateway買収で変わるPC業界の勢力図によると「2005年にIBMのPC部門を買収したLenovoに挑める立場に立った」ということです。

かつては秋葉原にも直営店がありましたね。10年くらい前だったでしょうか。eMachinesを買収したり、直営店を全て閉鎖したりしていましたが、不振を解消することはできなかったということですね。

■関連記事

Gatewayの栄光と挫折、その軌跡を振り返る

今回Acerが支払う7億1000万ドルという金額は、物価上昇率を考慮しない場合、1996年のCompaqによる買収提案額の10分の1に相当する。

台湾Acerが米Gatewayを7億1000万ドルで買収へ

Acerによれば、Gatewayは複数ブランドを通して年間2000万台以上のPCを出荷し、150億ドル以上を売り上げており、今回の買収でAcerは世界第3位のPCメーカーという地位を確固たるものにするという。