ライブドア、弥生の全株式を710億円で売却へ、30億円の配当金もという記事より。

ライブドアホールディングスは24日、同社の100%子会社である弥生の全株式を710億円で投資ファンドに譲渡すると発表した。

ライブドアが、子会社の「弥生」を投資ファンドに売却すると発表しています。譲渡するのは300株、金額にして710億円ということです。

ライブドア、新しい経営方針を発表では、

・弥生を中心とした法人向けの「ビジネス・ソリューション」
・ニュース配信やブログ、電子商取引などの「メディア」
・対面金融サービス、投資銀行業務などの「ファイナンス」

とコア事業を発表していたのですが、なかなかバランスが難しくなっていたということでしょうか。

弥生の譲渡について数多くの打診を受け、ライブドアホールディングスでも100社を超える潜在的買い手候補に打診し、入札などを通じて最終的な譲渡先を決定した。

ちなみにライブドアが「弥生」を買収した金額は230億円でした。3年で価値が3倍以上になっています。

ちなみにライブドアホールディングス社長は「弥生」出身の平松庚三氏です。

ライブドアが弥生の株式を710億円で米カーライル系ファンドに売却によると、売却先はMBKP1で、カーライルのアジア地域に出身者が主体となっているということです。

■関連エントリー

ライブドア、純利益が332%増に
弥生「ホリエモン効果は抜群」
“ライブドアショック”の余波
ライブドアの新体制決まる