三越、伊勢丹が来春統合で合意という記事より。

資本提携交渉を進めていた百貨店大手の三越と伊勢丹が、共同持ち株会社の傘下にそれぞれの百貨店を置く形で、来春に経営統合することで大筋合意したことが17日、分かった。

百貨店の三越と伊勢丹が、持ち株会社を設立して経営統合することになったそうです。売上高は1兆5,800億円となり、業界トップとなる見込み。

それぞれのブランドにお客さんがついているので、持ち株会社の下に三越と伊勢丹を置き、これまでのブランドを活かした展開をしていくとのことです。

三越は業績不振が続いており‥‥

07年度からの6カ年計画で、銀座店の増床や大阪店の新設などに1800億円を投入して巻き返しを図る方針で、伊勢丹との統合で財務面での安定を確保する。

という目論みがあるそうです。なるほど。伊勢丹が三越を救う、という形にも見えますね。

かつては伊勢丹が要請、ブランド変更か退去かというニュースもありました。

■関連記事

三越と伊勢丹 来春統合で合意

持ち株会社の会長には伊勢丹の武藤信一社長、社長には三越の石塚邦雄社長が就任する方向で調整している。統合比率などが今後の交渉の課題となる。

三越・伊勢丹の統合、来春で大筋合意

「業績不振に陥っている三越を、格下の伊勢丹が救済する格好になるだけに、経営統合後の社内がすんなりと融合するとは思えない」