「百度」の社外取締役に、ソニー前会長の出井伸之氏という記事より。

検索サイト「百度」を運営する中国のBaidu.comは26日、同社の社外取締役として、ソニー前会長兼グループCEOの出井伸之氏が6月14日付で就任したと発表した。

ソニー前会長の出井氏が、中国の検索エンジン「百度」の社外取締役に就任したそうです。

日本進出を果たしましたが、いまいちパッとしない印象もありますので、いろいろな意味で日本国内のパイプ役として期待されているのでしょうね。

「コーポレートガバナンスの専門知識と結び付いた出井氏のリーダーシップ経験は、百度に大きな価値をもたらす」と「百度」のCEOはコメントしています。

中国の検索大手「百度」、前ソニー会長の出井氏を社外取締役にによると「日本での知名度向上がため招き入れただけで、具体的な職務は与えられないのではないか」と専門家の言葉が紹介されています。

■関連記事

中国の検索エンジン「百度(Baidu.com)」が日本進出
中国産検索エンジン「百度」日本語版スタート
百度会長、クロールの負荷について語る
Googleに勝利した「百度」の歴史