丸善とAmazon.co.jp、共同ブランドストアを8月下旬に開設という記事より。

丸善とアマゾン ジャパンは26日、個人向けオンラインショッピングサイトを共同ブランドで運営する契約を締結したと発表した。

「丸善インターネットショッピング」リニューアルに伴った契約ということですが、丸善とAmazonが共同ブランドでオンラインショップを運営していくことになるのだそうです。

共同ブランドストアでは、Amazon.co.jpが扱う書籍や音楽CD、DVD、家電などの1,000万点以上に及ぶ商品に加えて、丸善のオリジナル文房具や雑貨などを販売する。

基本はAmazonで、オリジナル商品の販売や、書店員のおすすめといった付加価値が加えられるというイメージでしょうか。リアル店舗のおもてなしを実現する、とされています。

既存のAmazon会員であればそのまま買い物ができ、丸善インターネットショッピングのユーザは新たに登録が必要ということで、やはり実態はAmazonということのようですね。

企業の専用ストアがつくれる「マーチャント@amazon.co.jp」の機能かと思いきや、別のシステムで準備されているそうです。「マーチャント@amazon.co.jp」はAmazonの中というイメージですが、丸善が強調されている感じになるのかもしれませんね。

■関連記事

丸善、アマゾンと業務提携--通販から撤退し情報発信による手数料モデルに切り替え

ビジネスモデルが通販から販売代行によるマージン収入へ変わることに伴い、丸善では「ネット事業の売上高は下がる」(丸善広報担当)と見込んでいる。ただし、これまで自社で通販事業を行っていたのに比べて数億円のコスト削減となり、収益率は向上するという。