インターネット広告枠の売買を行える、広告マーケットプレイス「Pitta!」がスタートします。

Pitta1

登録開始日は2007年6月29日、グランドオープンは2007年秋ということなので、本格展開は少し先になるようです。

ブログなどのメディアは広告枠を登録し、広告主はその中からニーズに合った広告を探すという「広告マーケットプレイス」の機能が提供されるそうです。

「広告マーケットプレイス」は回り始めればトントンと行くと思いますが、やはり肝は、媒体集め、クライアント集めといった、最初の営業活動になりそうですね。

アメリカでは「Adbrite」が成功事例として挙げられるでしょうか。

■関連記事

Adbrite、ビデオに広告挿入する「In Video」開始
CGMマーケティング、Etologyと資本・業務提携