BIGLOBE、@nifty、@NetHomeが共同で行動ターゲティング広告を展開という記事より。

NECビッグローブは21日、ニフティ、アットネットホームと、行動ターゲティング広告の運用・販売を共同展開することで合意したことを発表した。

行動ターゲティング広告というのは、クルマのサイトを多く閲覧している人にはクルマの広告を見せようという、行動に基づいた広告のことです。

自サイトのみならず、できるだけ多くのデータを得られた方がターゲティングがうまくいくということで、BIGLOBE、@nifty、@NetHomeが提携したということですね。

3社合わせて月間ユニークユーザは2,700万人規模になるそうです。

2月にNECビッグローブと博報堂が実施した行動ターゲティング広告配信実験では、行動ターゲティングしなかった場合と比較して2倍超のクリック率を記録し、行動ターゲティング広告による広告配信の有効性が実証されたという。

通常の広告配信と比較して2倍を超えるクリック率ということで、これぞターゲティングのなせる技という感じでしょうか。

■関連記事

BIGLOBE、@niftyら3社、行動ターゲティング広告の共同展開で合意

車カテゴリの場合、車関連サイト来訪者や車関連キーワード検索者をターゲットとした在庫は60万imp/週で、広告単価は0.40円となる。