ドリコムが最終赤字転落 「モバゲー」好調のDeNAは上方修正という記事より。

ドリコムは4月10日、2007年3月期の連結業績予想を修正し、最終損益が1億1000万円の赤字になる見通しだと発表した。従来予想は2億3000万円の黒字だった。

鳴り物入りで「Web 2.0銘柄」として上場したドリコムでしたが、2007年3月期の連結業績予想が赤字になることが発表されたそうです。

売上予想が従来予想から6億3,000万円の大幅減になってしまいました。思ったような営業体制を築くことができなかった、というのが要因のようです。

コンシューマ向けのブログサービスで、突如として広告が挿入されたりとか、なんとなく迷走している雰囲気は感じていたのですが‥‥。

四半期毎に成果が求められますから、かなり大変ですよね。株価チャートも下げ傾向となっています。

内藤社長のブログでも「2007年3月期、業績予想の修正に関して」というエントリーがありました。

「Web 2.0銘柄」として依然、注目度も高いと思いますので、ぜひ頑張って欲しいところです。