HOYAとペンタックス、経営統合に向け基本合意という記事より。

HOYA株式会社とペンタックス株式会社は21日、2007年10月1日に両社が合併し、経営統合することで基本合意したと発表した。

HOYAとペンタックスが経営統合し「HOYAペンタックスHD」になるというニュース。

統合後は、「小さな本社と権限委譲された事業部門」を指針とした各事業分野の再編を行なう。新会社では、事業分野ごとにHOYAおよびペンタックスのブランドを活かすとしている。

ライフケア、オプティクス、情報エレクトロニクス、アイケア、イメージングシステムなどの分野で、事業の最適化を行っていくということです。

ペンタックスといえば一眼レフデジカメを思い出すのですが、そこにも良い影響があると良いですね。

HOYAとペンタックスが合併…5000億円企業誕生という記事によると、連結売上高を単純合計すると5,000億円規模になるということです。「カメラからレンズまで一貫生産できる総合光学機器メーカーが誕生」とされています。

ペンタックスがHOYA来年10月合併によると、

新会社は、HOYAを存続会社として、ペンタックスの事業を取り込む。ペンタックスの株式1株につきHOYAの株式0・158株を割り当てる。

ということです。