ad:tech NY:「ネット上でも商品・サービス自体の魅力がカギに」という記事より。

「配信コストが低くなり、クチコミが広がりやすくなっているこの環境では、マーケティングよりも製品自体が成功の決め手になる」

ニューヨークで開催されていた「ad:tech」の最後のキーノートに登場した、Kevin Ryan氏の言葉です。

「とても前向きな講演であったものの、マーケティングや広告を担当するものにとっては、耳の痛い話だった」と記事。

つまりブログなどでクチコミが広がりやすくなっているので、マーケティングや広告で製品が売れていくのではなく、製品自体の良さがインパクトとしてそのまま伝わっていきやすいという状況が生まれているということなのでしょう。

カレンの四家氏もバズマーケティングという前提に立っていますが、成功の秘訣として「商品の品質」と「ネタの濃さ」を挙げていました。