ダイソン、日本市場で急成長の秘密という記事より。

7万〜8万円という店頭価格は、一般的な掃除機の3〜4倍。日本での台数シェアは5%前後に留まるものの、金額シェアは14%と、松下電器産業、日立製作所に続く3位グループに食い込む。

ダイソンの掃除機は高級ですけど、時折ブログを読んでいると「良いですよ」なんていう声を見かけますね。

「メーカーとしての顧客を驚かせるものづくりをしたい」というのが、創業者の考えなのだそうです。株式公開をしていないため、

「株主からのプレッシャーがないので、四半期ごとに新しい商品を出して売り上げを伸ばす必要がない。利益にとらわれず、株主対応に時間をとられずに、開発に集中できる」

というメリットがあるそうです。このメリットは大きいのでしょうね。顧客のことを考えながら、じっくりもの作りができるという環境。

でももしかすると、本当はみんなこういう風にもの作りをしたいのかもしれませんね。

「(営業やマーケティングなどの)市場開発活動に投資するより、研究開発への投資を優先する。顧客もそのほうを喜ぶだろう。時間がかかるかもしれないが。最終的には収益性の高い会社になる」

こういうのは羨ましい言葉です。

そして日本で成長した秘密が明かされていく訳ですが、そこでは「掃除をする可能性のあるあらゆる層のモニターを集めたインタビュー」が繰り返されたそうです。その中から「ここで知りえたのは、日本の顧客の掃除に対する『真剣さ』だった」ということが分かったそうです。

それに合わせて作られたテレビCMが、モノクロのこれまでに見たことがないような掃除機のテレビCMになったんだとか。

さらに古いモデルから使い続けてきた顧客を、新商品発表会に招待するなどの企画も行ったということです。

気持ちがこもっている話を聞くと、自然とその製品を使ってみたくなりますね。開発者の本気の詰まった製品・サービスというのは、やはりいいものだと思います。

Amazonで「dyson plus」を調べてみたら、アレルギーやアニマルプロといったモデルがあるのですね。これも日本人に合わせている感じがしますね。

Dyson サイクロンクリーナー エントリー DC12plus

Dyson サイクロンクリーナー エントリー DC12plus

Dyson サイクロンクリーナー コンプリート DC12plus

Dyson サイクロンクリーナー コンプリート DC12plus

Dyson サイクロンクリーナー アレルギー DC12plus

Dyson サイクロンクリーナー アレルギー DC12plus

Dyson サイクロンクリーナー アニマルプロ DC12plus

Dyson サイクロンクリーナー アニマルプロ DC12plus