Google Has Acquired YouTubeというエントリーより。

In their largest acquisition to date, Google has acquired YouTube for $1.65 billion in an all stock transaction.

噂になっていたGoogleによるYouTube買収が現実に!

Googleが、16億5,000万ドルでYouTubeを買収しました。株式交換による買収になるということです。YouTubeの65人の従業員は会社に残る見込みとのこと。

Yahoo! も買収競争には参加していたようですね。著作権などで訴訟リスクを抱えていたYouTubeではありますが、それ以上にGoogleやYahoo! は大きな価値を見出していたということですね。

GoogleからGoogle To Acquire YouTube for $1.65 Billion in Stockというプレスリリースが出ています。

しかしこれで、さらに動画の面白さが増していくのでしょうね。最近はポッドキャスティングも録音せずに、Xactiで動画を撮りまくり、YouTubeにアップしまくりです。

それぞれのメディア特性、そして良さがあると思うのですが、一見難しそうな動画の方が、実は素人にはとっつきやすいのかも、なんて最近は思っています。言葉で説明する必要がないので、シナリオを考えずに、行き当たりばったりで撮れるのが簡単なんですね。

将来的に「Google Video」との関係がどうなるのか分かりませんが、アマチュアがより手軽・気軽に動画をアップできるメディアとして認知されれば、ニュース性のある一次情報的な動画も増えていくことでしょう。

少額決済で送金できるようになって、それで生計を成り立たせる「NNNコグレ」みたいな人も出てくるかもしれません。あ、ちなみにNNNは"Netafull News Network"の略です。

YouTubeにすると回線コストや訴訟リスクにドキドキワクワクしていたんだと思いますが、そうした心配が一気に軽減されることになります。Googleは膨大なコンテンツとアクセスを手に入れました。

将来的には何らかの方法で著作権の問題もクリアしてくれるでしょうし、さらに動画の内容を検索する技術もより進化していくことでしょう。オンデマンドで動画を見やすくなりますから、リアルタイムでテレビを見るのはスポーツだけになってしまうかもしれませんね。

AppleのiTVに「Google Video」のチャンネルが加わるという噂もありますが、そこにYouTubeも加わったら‥‥。

梅田望夫氏はGoogleがYouTube買収!!! 圧倒的に正しい戦略が迅速に執行されたのだと評価するというエントリーで次のように書いています。

YouTubeは創業から二年たっていない。サービス本格スタートからほぼ一年。それが約2,000億円の価値に変わった。何という加速感であることか。Googleの傘下に入ることは、YouTube創業者にとって、NASDAQ上場よりうんといい話だったのだ。

日本でもIPO狙いではなく、M&A狙いの創業があっても良いと思うのですが、買収してくれる先がないのでしょうかね。

Google、YouTubeを16億5000万ドルで買収によれば、

YouTubeのチャド・ハーリーCEOは「これまで繰り返し『売却の意志はない』と述べてきたのに、Googleへの売却を決心した理由は」という問いに、「売却を否定してきたのは、独立した形でサービスを提供できなくなるのを恐れたため。Googleの買収ではそれ(独立)が可能だから」と答えた。

ということで、しばらくは「Google Video」とYouTubeは独立して運営されていくようです。