ジョブズ氏のいないアップルが来る日-IT企業が直面する「後継者選び」という記事より。

「会社の象徴ともいうべき人物が最高経営責任者(CEO)の職に留まることができない、あるいは留まる意志がなくなったときどうするのか」

Appleは特にSteve Jobsがカリスマ的ですから、“Jobs後”というのは想像しにくいものがあります。

ただ当然、

AppleやOracleのように誰が次のCEOになるのか外部からはまったく見えない企業もあるが、CEO後継候補を慎重にかつ公に育成してきた大手技術系企業も数多く存在する。

ということで、Appleも後継者を育成しているとは思うのですが。

一方で、SunのScott McNealyがCEOを退いたり、Bill Gatesが引退するという話があったり、世代交代を着実に行っているIT企業もあります。

この問題はIT企業に限らず、一般的な企業でも大きな問題だと思いますが、とかくIT企業は経営者がカリスマ性を持っていることが多いのかもしれませんね。

いっそのこと、二代目がそのまま社長に、という方が分かりやすかったりするのでしょうか(それはないか)。