【親指族へ新・CM案内】カマタ レモンガス「父ちゃん ダジャレ」編という記事より。

「久しぶりに笑った」「一度聞くと頭の中から離れない」など、ブログを中心に広がりをみせており、CMを掲載している企業サイトのアドレスを頻繁に見かけるようになった。インターネットで検索をかけると1万8000件以上ヒットするという著しいクチコミ効果が見られるほどだ。

レモンガス」のテレビCMが、ブログを中心に話題になっているという記事です。

「レモンガス」といえば、ガスボンベと女の子が踊っているとう、確かにかなりインパクトのあるテレビCMを見た記憶があります。それ以前に、レモンとガスという組み合わせがインパクトがあるので、なんとなく覚えてしまいますね。

現在のテレビCMでは、女の子がラップ調で「うち、うち、うちはレモンガス!」と歌っており、

この女の子の悦に入ったような表情やしぐさが「何ともいえない愛嬌(あいきょう)がある」ということで人気を集めている。

ということです。

ちなみに「レモンガス」は、カマタという会社のLPガスで「関東から静岡および九州地区の約60万世帯の一般家庭、コンビニや病院など多岐にわたって使われている」そうです。営業所は見かけたことありますね。

記事では、

このようなユニークな提案力と企画力でブランド名を一般に浸透させるCMを制作したCM制作者たちは、インターネットを通じてクチコミ方式でマーケティングを行うことまで考えていたのだろうか。

と書かれています。

ちなみにキーワードアドバイスツールで検索すると、「レモンガス」は2,949回ですね。ずば抜けて検索されているという感じではないですね。

噂のテレビCMは、ココで見ることができます。確かにインパクトはありますね。チッチクチッチーレモンガスー!

企業がCGMで成功する秘訣は「商品の品質」と「ネタの濃さ」の、

四家氏によれば、2つの共通点は「品質の高さ」と「(他人に語れるような)ネタの濃さ」にあるとし、「最も重要なのは商品そのものである」と強調する。

ということから考えると、今回は「ネタの濃さ」というのが良かったのでしょうね。