GoogleのシュミットCEOがApple取締役にという記事より。

Apple Computerは8月29日、GoogleのCEOであるエリック・シュミット氏を取締役に選出したと発表した。

これはけっこうサプライズですね。GoogleのCEOであるエリック・シュミット氏が、Appleの取締役に選出されたそうです。

似たようなところがあるGoogleとAppleが、初めて交わる出来事でしょうか。

「Appleと同様、Googleはイノベーションにフォーカスしており、エリックの洞察力と経験はAppleを今後数年にわたって導いてくれる、非常に貴重な助けとなると考えている」とJobs氏のコメント。

AppleはPCでイノベーションを起こしているけれど、インターネットの分野ではまだまだ足りなくて、その部分をGoogleから学べれば、ということなのでしょうね。

それにしても、Google + Appleですよ。やばい。

エリック・シュミット氏は「Appleは私が最も尊敬する企業の1つだ。スティーブとApple取締役会と共に働くことを楽しみにしており、Appleが行っている驚異的なことを手助けしたいと考えている」とコメントしています。

■関連記事

Apple、Schmitd役員就任でGoogle に急接近

オンラインの巨人GoogleとAppleハードウェアとの密なコラボレーショ ンは、永年続いたMicrosoftのPC界でのリーダーシップにとって、これまでにない脅威となるのか?可能性はある。Googleだけでも Microsoftを十分に脅してきたのだから。