米Yahoo!とeBayが提携、検索・広告・オンライン決済などの分野で協業という記事より。

提携は、検索、グラフィック広告、オンライン決済、共同ブランドによるツールバーの4分野が中心となり、広告のリンクから直接電話をかけられる「Click-to-Call」の導入についても検討する。

Google、シェアが50%に到達ということからも分かるように、成長を続けるGoogleに対抗すべく、Yahoo! とeBayが複数年の提携を発表しています。

検索と広告の分野では、Yahoo!がeBayのすべてのグラフィック広告を取り扱うとともに、eBayの検索ページにスポンサー付き検索を提供する。また、Yahoo!からeBayの商品情報が検索できるようにするために、eBayが商品リストを提供することなどで合意した。

それぞれのユーザをうまく活用して、ということのようです。また、eBay傘下のPayPalをYahoo! の決済システムに導入するそうで、これは便利で良さそうです。

eBayではSkypeも持っている訳ですが、Yahoo! Messengerとの関係はどうなるでしょうかね。とりあえずは、広告をクリックして直接電話がかけられる「Click-to-Call」を共同開発すると発表されていますが。

米YahooとeBay、ライバルGoogleに対抗する戦略提携を発表によれば、

Googleは、PayPal対抗となる決済サービスやユーザー参加型広告サービスの「Google Base」を次々と立ち上げて、オンラインオークション分野にも影響力を及ぼし始めていた。

ということで、eBayとしても相当な危機感を募らせていたことでしょうね。この提携がてこになって、eBayにうまく働くと良いのですが。


■関連記事

Yahoo!とeBay、戦略提携を発表

共同ブランドバージョンのeBayツールバーにはYahoo!の検索機能とYahoo!サイトへのリンクを統合する。eBayツールバーはこれまでに400万人以上にダウンロードされている。

グーグルの勢いを止められるか-ヤフーとイーベイが提携へ

Yahooの最高経営責任者(CEO)Terry Semel氏は声明で、「eBayとの提携により、われわれはスポンサー付き検索やグラフィック広告の提供範囲をさらに拡大し、ウェブ上で有数の規模と勢いを誇るコミュニティにリーチすることができるのである」と述べた。

「両社にとってプラス」-ヤフーCEO、イーベイとの提携を語る

「今回の提携は、両社の優れた資産を互いに共有する素晴らしい機会を提供するものだ」とSemel氏は言う。「要は、広告主だけではなくユーザーのためのより大きな価値とより良いエクスペリエンスを生み出すものだ」(Semel氏)