ソフトバンクとアップル 携帯で提携へという記事より。

ソフトバンクと米アップルコンピュータが携帯電話事業で提携し、ヒットを続けるアップルのデジタル携帯音楽プレーヤー「iPod(アイポッド)」を搭載した携帯電話機を共同開発する方向で調整していることが13日、分かった。

孫社長とJobsが会っているという話を目にしたことがあったのですが、やはりiPod搭載携帯電話の話をしていたのですね。

ソフトバンクにしてみれば、ボーダフォンの新端末の目玉機能にしたいでしょう。かなりのインパクトになりそうです。Appleブランドのハロー効果も期待できそうです。

両社は、iPodの機能が付いた第三世代携帯電話を開発、携帯をパソコンにつなげば、アップルが展開する音楽配信サービスからインターネット経由で音楽を取り込めるようにする。来年をめどに発売する見通しで、ソフトバンクの無線通信網を使って手軽に配信を受けられる電話機の開発なども急ぐ考えだ。

BluetoothでPCから楽曲を転送、無線LANで直接配信などが可能になるのでしょうか。