インテルがビットワレットに50億円投資、PCでの電子マネー普及見込むという記事。

インテルの投資部門であるインテルキャピタルジャパンは18日、電子マネー「Edy」を運営するビットワレットに対して、転換社債型新株予約権付社債により50億円を投資したと発表した。

「Edy」がPCと連携する、ということになるのでしょう。「インターネットを含む広範囲な環境で利用をさらに促進させるよう合意」と記事には書かれています。

「Edy」のカードリーダというんでしょうか、PCに標準搭載されるようになって、ショッピングの時の決済にも便利に使えるようになるかもしれませんね。