ビデオ共有サイトYouTube、800万ドルの資金を調達という記事より。

若者だけでなく、インターネット関連企業幹部からも注目されているYouTubeが、Sequoia Capitalから800万ドルの資金を調達した。

YouTubeがSequoia Capitalから800万ドルの資金調達をしたそうです。

Sequoiaは、Yahoo、Google、Cisco Systems、Oracleの創業者らの協力を得ながら事業を展開してきた。

記事にもありますが、Sequoia Capitalからの出資はYouTubeの潜在能力の高さの現れでもあると思います。

YouTubeは広告収益モデルに基づいたビジネスを展開しており、世界展開を見据えてインフラの補強や営業開発を計画している。

ハリウッドからも注目を集める「YouTube」では、具体的なビジネスプランは明かされていませんが、毎日3,500万本以上のビデオクリップが見られるという凄いパワーを持っています。