ヤフーとジャパンネット銀行が提携、2006年中に連携サービス提供へという記事より。

今回の提携によってヤフーとジャパンネット銀行は、ポータルサイト事業とネットバンク事業を連携させ、2006年内にもYahoo! JAPAN IDと連携した決済サービスなど新しいインターネット金融事業を創造するという。

Yahoo! とジャパンネット銀行が資本提携・業務提携ということで、Yahoo! JAPAN IDで決済ができるようになると、もしかするとPayPalみたいなこともできるようになるんでしょうか。

例えば、某かの商品やサービスを販売する際に「こちらのYahoo! JAPAN IDにお振込ください」みたいな。

そういうことが実現すれば、ネットでビジネスするのがますます楽になりそうです。

ヤフー、2度目の正直なるか-ジャパンネット銀行との資本提携で銀行業に参入によれば、

ヤフーは銀行事業への参入を目指して、当初あおぞら銀行と業務提携することで基本合意していた。しかし両社の方向性や事業を進めるうえでのスピード感が違ったことなどから、2月に合意を解消していた。

ということで、まさに再チャレンジ。今度はお互いにネット企業ということで、スピードは合いそうですが。

同じくネット企業 + 銀行的な動きとしては、下記のようなニュースもありました。

ライブドア、西京銀行とのネット専業銀行設立を断念、提携解消で

ライブドアと西京銀行は3月29日、専業銀行の設立を目指し、05年3月に締結 した「業務提携契約書」と「合弁会社設立・運営合意書」の契約を合意解除し たと発表した。

GMOインターネット、イーバンク銀行の筆頭株主に

GMOインターネットは、3月24日にイーバンク銀行の株式7500株を取得した。従来保有していた3万918株と合わせると、イーバンク銀行への出資比率が6.45%となり、法人として筆頭株主となった。

ライブドアは事件の影響があり、西京銀行と提携解消、GMOはライブドアがかつて提携していたイーバンクの筆頭株主になっています。

なお、ライブドアとイーバンクの問題は最終的に和解していますが、このあたりを見て頂くと経緯が分かります。

■関連記事

ヤフー、ネット金融を強化 ジャパンネット銀提携を正式発表

両社のブランドや顧客基盤を生かし、ヤフーIDと連携した決済サービスや金融サービスなどを行う。決済サービスは年内にもスタートする。

ヤフー ジャパンネット銀と提携へ 決済機能など活用

ヤフーは今後、オークションなどを利用する会員向けに、便利な決済サービスを提供する仕組みの構築を急ぐ。ネット銀をめぐっては楽天も新規参入を目指しており、競争が激化しそうだ。

イーバンクで振込を受けるとお金が儲かる?

月に6回以上振り込みがあった場合、1件につき25円の現金がもらえる。月に10件振り込みがあれば250円、それが1年続けば3000円になるわけだ。ちなみに月2〜5回の場合は1件20円