NEC、ISP事業「BIGLOBE」を分社化。「NECビッグローブ株式会社」にという記事より。

新会社は企業向けのプラットフォームサービス事業、コンシューマ向けに映像を中心としたブロードバンドメディア事業のASP事業を中心に展開。ISP事業は安定した収益基盤としてさらなる事業強化と事業拡大に取り組む。

NECのISP事業「BIGLOBE」が分社化され、「NECビッグローブ株式会社」が2006年7月1日に設立されるそうです。住友商事、大和証券グループ、三井住友銀行、電通、博報堂を引受先とする第三者割当増資も実施されるそう。

新会社の代表取締役執行役員社長には、NEC執行役員専務の片山徹氏が就任。現BIGLOBE事業本部長の佐久間洋氏は代表取締役執行役員専務に就任する。従業員数は約500名を予定し、事業規模は2004年度実績で約600億円。

近い将来にIPOを目指しているのでしょうね。それにしても従業員は500人もいるのですか!

■関連記事

「将来の上場も視野に」NECビッグローブ設立に関する記者会見

「Web 2.0やCGMといった、今までの常識を超える価値観やビジネスモデルも生まれており、インターネットではまだまだビジネスチャンスがあると判断した」と分社化の経緯を語った。